ショッピング

家具の取り扱い

家具のお取り扱いについて
家具は「漆・ウレタン・オイル・蜜蝋」のいずれかで仕上げてあります。それぞれに特性やメンテナンスが違います。以下をお読み下さい。

家具全般の取り扱い注意
無垢の木材は周囲の温度や湿度によって伸縮します。木材にとって好ましくない環境でお使いになると、ソリやワレの原因になりますので以下の点に充分ご注意下さい。
屋外で使用しないで下さい。
激しい直射日光を避けて設置して下さい。
冷暖房器具から出る冷風、温風が直接当たらないように設置して下さい。
過度の湿度や乾燥が著しい場所に設置しないで下さい。
水洗いはしないで下さい。

オイル仕上げの家具
オイルフィニッシュとは?亜麻仁油からなる家具専用天然オイルで仕上げる手法です。オイルフィニッシは木材の表面に厚い膜を作りません。オイルが浸透して木材を保護するので、木材の自然な質感が損なわれないナチュラルな塗装方法です。使い込むことによって風合いが出てくる仕上げ方法です。以下の点にご注意下さい。
からぶき または かたくしぼったふきんで拭いてください。
水やコーヒー、醤油、お茶等をこぼしたときは、すぐにかたくしぼったふきんで拭き取ってください。放置するとシミになる場合があります。
水分をたっぷり含んだふきんなどでお手入れをし続けると、表面がかさかさになる場合があります。ご注意下さい。
家具の表面を濡れたまま放置すると水分によってシミになる場合があります。水がついたときには乾いた布ですぐに拭き取ってください。
スチール製の食器(ジュースやコーヒーのスチール缶など)を置いておくと、鉄分と水分で化学反応をおこし、木材が黒く変色する場合があります。ランチョンマットやコースター等をお使い下さい。
数年に一度、同封のワックスかオイルでメンテナンスをしてください。要領はお車のワックスがけと同じです。そうすることで風格と味わいを持った存在感のある生涯家具になります。

蜜ロウ仕上げの家具
蜜ロウ仕上げとは?ミツバチが体内から分泌したロウで、巣に使われます。国内の養蜂家からハチミツをとったあとの巣を集め、それを湯せんで溶かし、さらしで濾過します。その、無漂白の蜜ロウと、無農薬の純正一番絞り荏(え)ゴマ油をブレンドしたワックスです。
数年に一度、同封のワックスでメンテナンスをしてください。要領はお車のワックスがけと同じです。そうすることで風格と味わいを持った存在感のある生涯家具になります。
ウレタン塗装仕上げの家具
ウレタン塗装とは?ウレタン樹脂によって木材の表面に膜を作り、水分や汚れから家具を保護する塗装方法です。顔料と染料を使いオーダーカラー色に仕上げることが出来ます。外部の影響を受けにくく、これといったメンテナンスは必要としません。一般に市販されている家具のほとんどはウレタン塗装ですが、木材の自然な質感が損なわれてしまうところがあります。

拭き漆仕上げの家具
拭き漆仕上げとは?漆の木から採取される樹液を精製し、透き漆を刷毛か漆べらで摺り込み、カンレイシャ等で材面を拭くようにふき取り、漆塗り→ふき取り→乾燥を何度も繰り返す、木目を生かした最高級の塗装技法です。
通常のお手入れは、堅く絞った柔らかなウエス等で拭いてください。
天然の成分ですので無害ですが、乾いた漆製品でも稀にカブレる人がおられます。
お届け時はだいぶ濃いダークオーク色をしています、数ヶ月で漆が透け、落ち着いたオーク色になります。